2010年11月23日

財布を紛失しました。どんな対処をすべきでしょうか?

財布の盗難、紛失の際の対策についてまとめてみました。


財布には一般に以下のような物が入っていることが多いと思います。


家の鍵
保険証、運転免許証など、持ち主の住所が特定できるものと一緒に紛失してしまった場合は、たいへん危険です。
女性の場合、財布にアクセサリーなどが付いていると、持ち主は女性だとすぐにわかってしまいますので、空き巣や痴漢などの目標になってしまう可能性もあります。
鍵は1分でも早く交換するべきです。

また、鍵の交換は、
20年、30年と古くから地元で営業している信頼のある鍵屋さんに依頼しましょう。

鍵は安全の基本です。
賃貸の場合、不動産管理会社から業者が指定されている場合もありますが、
おかしな鍵業者にあたってしまうと、
思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。



クレジットカード、クレジットカードの利用控え。
クレジットカードは買い物や偽造など、いろいろな新しい悪用方法が発生しています。

クレジットカードの盗難被害の補償は、一般的に届け出た日から60日前までのものに限られます。
※カード会社によって変わります。確認してください。

財布と一緒にクレジットカードに関係するものを紛失した時は、
毎月郵送されてくる利用明細を見て、
身に覚えのない利用明細があれば、すぐにカード会社に連絡しましょう。

ただし、不正キャッシングの場合は補償が難しい場合があります。
カード会社はまず、本当に本人が使っていないのか?という点を確認します。絶対に自分が使ってない、という事をカード会社に証明できる状況を積極的に作っておいたほうが補償を有利に展開できます。店頭のでの買い物の場合は、後日、筆跡で本人かどうかを確認できますが、キャッシングの場合はできません。
そのため紛失した場合はすぐに盗難、紛失届けを出しておく必要があります。本人が関係ないことの証のためには、素早い盗難届が条件になります。


キャッシュカード
最近の不正引き出し事件のように、キャッシュカードもクレジットカードと同様に、
盗難紛失にあった際は、1分も早く盗難届、紛失届を出した方がいいです。
深夜営業のコンビニATMが増えていますので、
電話連絡だけでもできるだけ早くするべきです。


指紋や静脈などの認証方法(ICカード方式)も出ては来ましたが、
中小金融機関や地方の金融機関は、ほとんどの現金自動支払機はICカードに未対応、
もしくは、従来の磁気情報と兼用の現金自動支払機を使っています。
結局、10年前と状況はほとんど変わっていません。



保険証や運転免許証、公共料金の請求書など。

個人情報の固まりです。
以前は、盗まれた保険証を使って勝手に携帯電話を契約されてしまった、という話をよく聞きました。今は個人確認が厳しくなっているようですが、個人情報の不正利用や売買を考える人たちと知恵のいたちごっこが続いています。


おすすめ買取式充実防犯システム!


BBeeホームセキュリティ

一戸建て住宅、マンション、アパートの防犯、空き巣対策。BBeeホームセキュリティ、月々の管理費用の要らない本格派防犯システム





警戒中に扉や窓が開けられると警報を発します!
posted by bbeehomesecurity at 11:10| 盗難被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする