2010年03月04日

センサー分離型開閉センサー


扉や窓の開閉を検知し、警報機本体に信号を発信します。

通常は開閉センサーの中にスイッチ部分(センサー)が内蔵されていますが、
センサー分離タイプは開閉センサー本体からマグネットスイッチをケーブルで約15cm引き出したタイプです。
窓枠の段差など、開閉センサー本体ケースが窓に直接取り付けられない場合にお使いください。



ブロンズの枠部分が細いため、開閉センサー本体は枠に設置できない例。

サッシの枠が細い、段差があるなどの理由で
センサー本体をしっかり設置できない場合に使用します。
警戒中に何らかの理由でケーブルが断線すると警報が作動するシステムを内蔵しています。


ドアや窓に付属の両面テープで貼り付けます。
テープは工業用の強力なものです。
電池残量確認用赤色LED内蔵。

BBeeホームセキュリティの取付方法


おすすめ防犯システム!
BBeeホームセキュリティ
一戸建て住宅、マンション、アパートの防犯、空き巣対策。BBeeホームセキュリティ、月々の管理費用の要らない本格派防犯システム


警戒中に扉や窓が開けられると警報を発します!

posted by bbeehomesecurity at 10:58| BBee-Aタイプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする